Welcome to GEN-Japan

NPO法人GEN-Japan(Global Ecovillage Network Japan)は、
いま日本の各地で新しい社会づくりに、提案や活動されている、研究機関、行政、地域産業や市民をネットワークし、
それぞれの活動が推進されるよう、サポートし
さらに、それぞれの持ち味を持ち寄って、持続可能な社会づくりのための新しい教育活動を展開し、
互いに協力しながら人材育成を図り、
各地に個性豊かな持続可能なコミュニティや活動が生み出され、もっと一人一人がその人らしく安心して生きられる社会が、
暮らしの足元にもたらされることを目的としています。

 

Our Work

教育事業

「ユネスコGAP教育プログラム」

ガイアエデュケーションは、エコビレッジデザインエデュケーション(EDE)として1998年からスタートし、現在まで5大陸で、先進国、途上国をふくめて45カ国約100会場で開催され、世界各地で多くの人材を輩出しながら、持続可能な社会づくりの推進と、それに必要なカリキュラムを作り上げてきました。

 

啓蒙事業

「やさしい社会国際フォーラム」

近年、日本でも、市民が主体となった街づくりが活発になってきました。大きな転機を迎えた私たちの暮らしを見直し、私たちの足元に暮らしやすいつながりを取り戻していくためのヒントを学び取るために、環境先進国のドイツからエクハルト・ハーン(ドルトムント大学教授)をお招きして毎年講演を開催しています。

交流事業

「ネットワーク交流」

いま各地で、安心できるコミュニティを自分たちの手で作ろうと願っている人達や、具体的に動き始めている動きがみられるようになってきました。NPO 法人えこびれっじネット日本GEN-Japan は、そのような思いの人達をネットワークし、各地に個性豊かな、持続可能な地域が実現できるようにサポートを進めています。

 

しあわせの経済コミュニティフォーラム2020@オンライン講演会
世界各地から500人余りの参加者がありました!

グローバルエコビレッジネットワーク・ジャパンGEN-JapanはGEN代表のコーシャ・ジュベールを迎え、4月15日のオープニングに続いて22日と24日のフォーラムを開催しました。全体で500人余りのみなさまが集い、半数がエコビレッジという言葉を初めてきいた若い世代で、発表やクロストークを熱心に聞き入っていました。主な参加動機は、コロナ危機への不安や、その収束後の次の社会のビジョンを求めていたところに、GENとネットワークの各団体からの紹介やSNSからのアナウンスがきっかけとなっていました。

地域的には、日本各地だけでなく、コーシャのいるスコットランド、イタリア、アメリカ、フィリピン、韓国から、20代から70代という広がりです。まず数人から始めて、プロセスの中で、人も社会も成長していけるエコビレッジの可能性を、世界と日本の具体例に触れながら一緒に考えることができ、結果としてどんな小さなことでも、自分たち自身が参加していくことの大事さに気づかれた方が多かったようです。

各プレゼンテーションについては、Youtube配信など現在準備中ですが、一言づつ紹介しますと、
コーシャさんは、国境を越えて瞬く間に広がっていく危機を前に、人間として根本から生き方や実際の社会を変えていける、その実現可能性として、アズワンを含め世界各地の事例を示しました。
辻さんは「絶望の淵に立ち、後戻りできないことを認めることで、僕たち一人一人が絶望をチャンスに変えることができる」と問題提起し、
小野さんはアズワンの事例を通して、小規模でも現状そのままにエコビレッジの方向に行ける可能性を示しました。

入国規制から緊急事態宣言に移り変わる1か月半の間に、ONLINEでの開催に急遽切り替えて実現できましたのは、多くの皆様からのサポートのたまものです。その舞台で新たな出会いや繋がりが生まれました。
運営も、15日のソーヤー海さんを含めて、2017年から昨年まで3年連続で開催されてきた「しあわせの経済国際フォーラム」で出会ったスピーカー、そしてワーカーズコープ、日本社会連帯機構、ナマケモノクラブ、セブンジェネレーション、アズワンネットワークの各有志で構成された40人余りという大所帯でした。みな心ひとつで、スピーカーも、スタッフも、皆それぞれの場所から空間を超えてシンポジウムを作ることができました。居場所に制限をされないで、心を合わせて協力していける新しい可能性に向かって、確かな一歩を感じているところです。

これを機会に、自分たちの足元に、それぞれらしいエコビレッジがつくっていけるようなネットワークができることを心から願って、順次報告させていただきます。
(片山弘子/GEN-Japan代表理事/GEN理事)

★当日紹介された資料など詳細は⇒ http://gen-jp.org/2020/05/01/online-forum2020-4/

最新情報
こちらのFBページから最新情報をご覧ください。

What’s new

5-23公開講座グループセッション感想

5月23日に開催されたGaia2020公開講座では18のグループでセッションができました。アズワンネットワーク […]

しあわせの経済コミュニティフォーラム2020動画が公開されました

4月22日、24日で開催された「しあわせの経済コミュニティフォーラム2020」のオンラインの動画が公開されまし […]

コミュニティフォーラムQ&A(その1)

Q1.エコビレッジってなんですか? 一緒にやろうとしている人々(住民)が主体的に参加する運営がベースで、持続的 […]

「国境を越えた危機への、私たちの回答」~未来のコミュニティ~

グローバルエコビレッジネットワーク・ジャパンGEN-JapanはGEN代表のコーシャ・ジュベールを迎え、4月1 […]

しあわせの経済コミュニティフォーラム2020@オンライン講演会

「しあわせの経済コミュニティフォーラム2020」の講演会が、コロナウィルスの影響により、オンラインでの開催にな […]

ガイアエデュケーションの詳しい内容はこちらをご覧ください >>>>

GEN-Japanの仲間たち

About us

GEN-Japanは一般市民に対して、世界のエコビレッジや新しいコミュニティづくりをネットワークしているGEN(グローバルエコビレッジネットワーク)の一員として、各地行政、地域産業、研究機関等と協力しながら、持続可能なコミュニティづくりの啓蒙と研究に関する事業ならびに担い手となる人材養成に関する事業を行い、エコビレッジや持続可能なコミュニティ・地域社会づくりが、市民からの新しい主体的な活動として、各地に個性豊かに促進され実現していくことを目指しています。

Hiroko Katayama Representative
GEN-Japanについてもっと知りたい方はこちらをどうぞ

GEN-JAPAN会員募集中!

会員種別…正会員(団体の場合は選任された方)をもって、意思決定に参加します。

■正 会 員 この法人の目的に賛同して入会した個人又は団体
(入会金:5,000円/年会費:個人5000円、 団体10,000円)
■賛助会員 事業を賛助するため入会した個人又は団体
(入会金:なし /年会費:個人3000円、 団体6,000円)
■学生会員 事業を賛助するために入会した学生及び学生に相当する個人
​(入会金:なし /年会費:個人1000円)

会員登録をご希望の方は右記のフォームに直接入力されるか、
こちらをクリックしてお申込み下さい。


★会費を下記の口座にお振込み下さい(初年度は入会金(正会員のみ)と年会費の合計)

口座名:(トクヒ)ジェンジャパン
(特定非営利活動法人GEN-Japan)

<ゆうちょ銀行からのお振込みの場合>
記号: 12270 番号: 30678601
<他銀行からのお振り込みの場合>
店名: 二二八 店番: 228(普通) 口座番号: 3067860


メーリングリストのみをお申込みの方はこちらをクリック

GEN INTERNATIONAL


GEN serves as umbrella organization for ecovillages, transition town initiatives, intentional communities, and ecologically-minded individuals worldwide.
GEN is a registered charity: SC043796 and has a consultative status in UN-ECOSOC
GENは公的に登録された慈善団体 SC043796で、国連経済社会理事会ECOSOC(エコソック)の諮問団体です。

GEN Region