イベントお知らせ

しあわせの経済・コミュニティフォーラム2020@国分寺

気候変動が進む世界で、今、私たちができること!

みなさん、こんにちわ! 
グローバル・エコビレッジ・ネットワーク(GEN)Japan代表理事の片山弘子です。このたびGEN代表のコーシャ・ジュベールが来日いたします。そこに向けて、辻信一さんや榎本英剛さん、小野寺愛さん、ワーカーズコープ連合会、アズワンネットワークをはじめとする「しあわせの経済コミュニティフォーラム2020」実行委員会、会場を提供していただいている皆さま、数えきれない多くのみなさんとともに、準備しているところです。
現在、コロナウイルスの拡大を抑えるために多くの皆さんが日夜努力をされている中ですが、一方で過度に不安をあおる動きも見られます。

この状況下でも、コーシャは来日の意思を曲げようとしません。それは、彼女が世界各地の現場から始まって、片や国連などでも、必要とされるところに出向きながら、これからの地球時代にふさわしい、人としての生き方や、新しいコミュニティづくりの可能性を紹介してきた確信と、現実を見極める覚悟といえましょう。私たちは、ウイルスの最新情報に注意を払いながら、一人でも多くの方にコーシャの来日をお伝えし、彼女の経験に学べる、このまたとない機会を活かしていきたく思っています。
(2020年3月9日 片山弘子)

▼コーシャからのメッセージ
「日本の皆さん、こんにちわ!
現在、グローバル・エコビレッジ・ネットワーク(GEN)は、118ヵ国の6090余りのコミュニティにつながっています。
世界のエコビレッジでは人と人が調和し、人と自然が調和した地域づくりを長年にわたって探究してきました。
GENの代表として、各国の蓄積してきた知恵と経験を、これからいっそう厳しくなる気候変動にどう生かせるのか、その実践例の紹介をします。

また、人類の大半が都市部で生きるようになりつつある現代社会において、都市型エコビレッジとして、アズワン鈴鹿コミュニティが注目されています。この機会に、なぜ注目されているのか、その背景も知っていただけると思います。

*******************
日 時:4月13日(月) 19:00~21:30(18:30受付)
会 場:カフェスロー
   (東京都国分寺市東元町2-20)
参加費:一般3000円、学生2000円(いずれもワンドリンク付)

●申込方法(下記のどちらからでもお申込みいただけます)
・Peatixでの申込み  → https://peatix.com/event/1444848
・フォームでの申込み → https://forms.gle/eNy2z7ors9YGsBA57

★★ゲストプロフィール★★

<Kosha Joubert(コーシャ・ジュベール)>
現在GENの代表。国際的ファシリテーターとして活動、下記はTEDXでの発表記録です。
https://www.youtube.com/watch?v=MmWa3mFKM84
世界各地のコミュニティを訪問しながら、ネットワーク活動、交流と人材教育の支援活動を行う。COP21~25では政府側ブースでも各国代表にエコビレッジの可能性を紹介している。

<榎本英剛>
よく生きる研究所代表。世界的なエコビレッジ、英国フィンドホーンに暮らした後、持続可能な未来を市民の手で創るための世界的な活動である「トランジション・タウン」および「チェンジ・ザ・ドリーム」を日本に紹介してきた。

<小野雅司>
サイエンズ研究所研究員
人と社会の本来の姿を明らかにする研究活動と同時に、コミュニティづくりに関する教育プログラムに携わり、また、日本、韓国、ブラジルなど各地のコミュニティづくりの実践的サポートを進める。

<モデレーター:片山弘子>
グローバルエコビレッジネットワーク(GEN) アジアオセアニア地域代表理事 日本代表理事

★★GENとGEN-Japan★★
Global Ecovillage Network International は、1995年に発足し、国連のECOSOC(社会経済理事会)の諮問団体として、持続可能な社会にむけた世界各地の典型事例のネットワークと紹介、人材養成をし、世界人類が持続可能な社会に生きられることを目的とした慈善団体です。GEN-Japanは、その日本の事務局として2016年に発足し、アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティに事務所を置きながら、ユネスコ認証の教育プログラム・ガイアエデュケーションの実施、日本の事例と世界をつなぐネットワーク活動を行っています。

共催:しあわせの経済コミュニティ・フォーラム2020実行委員会
   NPO法人GEN-Japan、
協力:ワーカーズコープ