Ecoversity Alliance Asia ~ガイアユース生たちの参加報告会~

投稿日: カテゴリー: EventGaia Youth

エコバーシティという言葉を聞いたことはありますか?
これまでの画一的な学びを超えた、地球時代の”学び”のネットワークが、いま世界中で広がっています

・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・

2022年9月13日~16日、タイ王国の首都バンコク近郊で開催されたエコバーシティ・アライアンスの第1回アジア集会に、アズワンコミュニティが招待されました。この2015年から始まった世界的な新しい教育運動のアジアでのスタート集会に、フィリピン、シンガポール、ブータン、ベトナム、ミャンマーやタイ、ヨーロッパから合計35人余りの参加者が集合しました。

それぞれ真摯で具体的実践が紹介される中で、特に主催者の厚意で、アズワンを会場に開催されているGEN-Japanガイアユースの卒業生20代の3人も参加して経験を発表したり、交流することができました。みんなアライアンスの輪の中に温かく迎えられ、のびのびと国際的な実践者たちとつながり、学びを深めるうちに、2023年3月のガイアユースにイギリスやインド、タイから参加希望者も現れ、新たに若者たちの国際交流がはじまったところです。

今回の第1回エコバーシティアライアンスをふりかえって、報告会を開催します。 特にガイアユースのメンバーは、集会後もタイ北部のカレン族のコミュニティに滞在したり、初めての経験に目を見張ることも多かったようです。 楽しみですね!

ガイアユースについてはこちら⇒https://gaia-youth.gen-jp.org/
Ecoversityについてはこちら(英文のHPとなります)⇒https://ecoversities.org/

<日時>
10月7日(金)20:00-22:00
オンライン無料
申込先⇒ https://gaia2022-10-07ecoversity.peatix.com

<内容>
●エコバーシティアライアンスとは何か 主催者側からPetra Čarmanさんのお話と片山弘子の対話
●ガイアユースの3人の報告
●これから
●質問や交流

☆Petra Čarmanさんと片山、ガイアユース生のみんな☆

Ecoveresities Alliance Asia に招待 (1)

投稿日: カテゴリー: GENOAtopics

2022年9月13日~16日、タイ王国の首都バンコク近郊で開催されたEcoversities Alliance(エコバーシティ・アライアンス)の第1回アジア集会で、ガイアユース修了生たち20代の3人が経験を発表ました。きっかけは、このエコバーシティという、2015年から始まった「高等教育を見直し新たな学びを生み出そう」という、世界的な教育運動のアジアでのスタート集会に、アズワン鈴鹿コミュニティが招待され、コミュニティの経験を紹介するだけでなく、そのベースの上に学びが展開されているGEN-Japanガイアユースを紹介することになったものです。

会場となったWongsanit Ashramワンサニットアシュラムには、フィリピン、シンガポール、ブータン、ベトナム、タイ、ヨーロッパから合計35人余りの参加者が集合しました。それぞれ真摯で具体的実践が紹介されるビデオを見ながら、エコビレッジやコミュニティベースの学びが、具体的にどれだけ効果的かを感じさせられました。
また、ガイアユースの若者たちがアライアンスの輪の中に温かく迎えられ、のびのびと国際的な実践者たちとつながり、学びを深めていく様子に、力強い未来への可能性を感じました。
来年3月のガイアユースにイギリスやインド、タイから参加希望者も現れ、新たに若者たちの国際交流がはじまっています。

★教育の再創造 – エコバーシティ https://ecoversities.org/
Ecoversities Allianceは、再生可能な人間らしい社会を実現するための高等教育や、コミュニティ、エコロジー、地域経済、そして懐かしい故郷に帰る感覚を育みながら、地域に根ざした学習スペースの再構築に取り組む世界中の学習実践者のコミュニティです。これらの多くは、さまざまな草の根運動、社会運動、エコロジー運動、先住民族コミュニティなどとつながっています。

ガイアユース4期のみんなで!

投稿日: カテゴリー: Gaia Youth
一人が何か気づくと、たちまち感じ合い、影響し合える。一人は一人で一人じゃない。
地球に生きる一人として、作りたい未来を描くとき、自分で自分を縛っていることに気が付いていきました。石の上にも三年精神で生きてきたんだと気づいた人、素直に声がまっすぐに出始めて、人と一緒にいるって、こんなにシンプルで楽しいんだと驚く人。
もっとこうしてほしかった、と思う時も、意見が違う時も、そこで俯いたり対立したりしないで、気持ちを聴き始めた人、
すべてに通じる、楽で愉快な生き方が、話し合うというごく普通の繰り返しの中に、こんなに詰まっていたんですね。
こうやってみんなで社会を作っていけるんだね、みんな、いってらっしゃい! 
また会いましょう。

GENOA COMMUNITY CALLアーカイブ

投稿日: カテゴリー: Gaia YouthGENOAMovieお知らせ

2022年7月22日GENOA(グローバル・エコビレッジ・ネットワーク・オセアニア/アジア)の招待で、GENOA Community Callに参加。

2015年パリで開催された国連気候変動枠組条約会議 (COP21) で、GEN(グローバルエコビレッジネットワーク)が、都市型エコビレッジのモデルとして取り上げた、アズワン鈴鹿コミュニティ。その現在の進捗状況と、サイエンズメソッド、若者たちの学びの機会としてのGaia Youthの取り組みが、オセアニア/アジアでも注目されています。Gaia Youthに参加した4人の若者たちのスピーチも関心を呼びました。
紹介の様子を動画でご覧ください(全編英語)

 

ガイアユースの若者たち:須山聡也・城所壮汰・桃北まゆか・鎌田健利

GENOA Community Callに日本の都市型エコビレッジ「アズワン鈴鹿コミュニティ」が紹介

投稿日: カテゴリー: EventGENOA

今月のGENOA Community Callでは
日本の鈴鹿にある都市型エコビレッジ「アズワン鈴鹿コミュニティ」から、エコビレッジの体験談をお話していただきます。

開 催:7月22日(金)日本時間15時~17時
参加費:無料。
申込みはこちらから
★英語での開催になります。
★As One Communityの紹介とその中でガイアユースの若者たちの分科会もあります。

 

エコビレッジがどのように機能しているか、実際の話を聞きたいと思いませんか?
変化をリードしている人たちに会って、彼らの学びや経験について聞いてみたいですか?
都会でエココミュニティがどのように発展していくのか興味がありますか?

このセッションは、2ヶ月に1度開催されるGENOA Community Callの一部です。アズワン鈴鹿コミュニティのストーリーを学ぶとともに、世界や地域のエコビレッジムーブメントの最新情報を入手することができます。

エコビレッジなどに関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。

詳しくはこちらから

Planet Local:静かなる革命

投稿日: カテゴリー: Movietopicsしあわせの経済
Local Future Japanのメンバーとして、GEN-Japanは字幕の和訳をしました。グローバル経済の課題と、ローカリゼーションがなぜ地球環境をはじめとする世界の課題に有効なのか、理解とともに、これからの時代を俯瞰するにも、よい資料となっていると思います。これが正しいと決めないで、資料として探究していきたい。私たちの生き方や行き先、幸福観を見直したいですね。
Planet Local:静かなる革命
プロデューサー:ヘレナ・ノーバーグホッジ
制作;ヘンリー・コールマン氏ら
和訳チーム:Local Future Japan (井上孝史・笹森瑞希・橋本圭四郎・吉田直美)
日本語編集:片山弘子
出演:世界各地から識者や実践家、日本からは辻信一さん、堤未果さん・川田龍平さん・山田正彦さん
ガイアユース生も10秒くらい焚火の周りの様子が出ています😄

「コミュニティ・デザインの思想と私の流儀」山崎亮ガイア公開講座

投稿日: カテゴリー: Event

Gaia2022公開講座

コミュニティ・デザインの思想と私の流儀


市民から始まるコミュニティづくりって、どこから始まるのでしょう?
毎朝通勤電車に長時間揺られて仕事場に行く、それが当たり前の社会から、
地域に根差した、豊かな暮らしを取り戻すために、私たちの人間味が掘り起こされていくような温かい思想が必要ではないでしょうか。
Studio-Lで、各地でコミュニティづくりを手掛けている山崎亮さんにお話を伺います。

━━━━━━━━━━
日 時:2022年7月16日(土)15:00-17:00
会 場:オンライン&会場(アズワン鈴鹿コミュニティ 鈴鹿市阿古曽町14-28)
参加費:無料
申込先:https://gaia2022-7-16.peatix.com
━━━━━━━━━━

<山崎亮プロフィール>
1973年愛知県生まれ。大阪府立大学農学部にて増田昇に師事(緑地計画工学専攻)。メルボルン工科大学環境デザイン学部にてジョン・バージェスに師事(ランドスケープアーキテクチュア専攻)。大阪府立大学大学院(地域生態工学専攻)修了後、 SEN環境計画室勤務。三宅祥介からデザイン、浅野房世からマネジメントを学び、2005年にstudio-Lを設立。地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティデザインに携わる。
まちづくりのワークショップ、住民参加型の総合計画づくり、建築やランドスケープのデザイン、市民参加型のパークマネジメントなどに関するプロジェクトが多い。2006-2010年には(財)ひょうご震災記念21世紀研究機構(林敏彦研究室/中瀬勲研究会)にて中山間離島地域の集落について研究。2006-2013年には東京大学大学院工学系研究科にて大西隆に師事(都市工学科)。博士(工学)。技術士(建設部門)。社会福祉士。
現在は、studio-L代表、慶應義塾大学特別招聘教授。

「一緒につくろうローカルな未来」ローカリゼーションデイ日本分科会

投稿日: カテゴリー: Eventしあわせの経済
申し込みはこちらから。
https://wldjapan2022.peatix.com/
参加費は無料です。
日時:2022年6月12日
ローカリゼーションディ日本2022は13:00~17:30までの3部制ですが入退場自由です。
この企画はその第2部の分科会になります。

//////////////////////////////////////////////
2021年6月12日(日)ローカリゼーションデイ日本2022 
日本中のローカリゼーションが大集合するオンラインイベントを開催!

以下詳細。
ホスト:片山弘子GEN-Japan)
ゲスト:鈴木菜央(NPOグリーンズ)、小野雅司(サイエンズ研究所)
企 画:岡田拓樹(アズワン)、須山聡也(ナマケモノU25)、宮原創一(GEN-Japanガイアユース)

新しい社会を創りたい! 本心で語り合える仲間で始めようこのままの社会がいいとは思えないが、どこからどうしたらいいのだろう。僕たちがそうだったように、こんな世界の動きに、やきもきしている若者も多いだろう。まず集まって、どんな社会に生きたいか、本心で語り合うことから始めたい。みんなが安心して生きられる社会を創っていくために。

GaiaEducation6期第一回目の感想

投稿日: カテゴリー: Gaia

ガイアエデュケーションは、地球全体が直面している大きな問題を前に、社会を今のままにはしておけない、また自分から変わっていきたいと願う人たちを対象に開催しています。
4月度終えて、楽しい中にもみんな真剣に自分に向き合い、本当の対話ができるようになりたい、本当の場を作るようになりたいとう気持ちが伝わってきました。

レポート>>

全く事前情報や先入観を入れないまま 1期生の友人からお誘いしてもらって 参加させていただきました。 幼少期より何かに違和感を感じ、その違和感が何なのか?その違和感はどこからくるのか? そもそも、その違和感は存在しているのか? また、それを感じていると思っている 自分は本当に存在しているのか? この世界のそれぞれの眞実ではなく この世界の実相や構造やカラクリを識りたくて 探究という旅をしています。 扉を開いてみて、驚きました! ずっと大切に思い描いてきた世界観が ここに在りました。 みーつけたっ!笑(堀田達郎/男性)

自分の年齢が高い事などがあり、参加者の皆さんとうまくやっていけるのかという不安がありました。でも、始まってすぐに不安は安心へと変化しました。今までは、こんなふうに言わなければ、こんな風に思われたいが先に立ってしまって、人前で話すのが苦手でした。自分の番が回ってくるとドキドキして、顔がまっ赤になってしまう事もありました。 皆に見てもらいたい自分がなくなって、ありのままで話せるようになりました。今までになく、自分の思ったままの気持ちを話すことができて、それを聞いてもらえてよかったです。(K.T./女性)

始めはお互い初対面で探り探りな所もあったが、何か1つのテーマについて話し合う時、各々が自分の本心について語り、それを周りの人達がしっかり受け止める空気感が気付けばそこにあった。 初対面だからこそ、同じ様なことに関心を持った人が集まっているからこそ、本音を出しやすかったということもあるのだろう。しかしそれでも、その雰囲気は私を不思議な気持ちにさせるのに十分だった。第一回の期間中、その思いは胸の中にずっとあった。 第一回最終日に振り返ってみると、リアルタイムでは気づかなかったが、自分の本心で語り合うことができる心地よさや、相手の本心に触れることができる歓び、それらの時間を愛おしく思う気持ちで充たされていた。 そこで、先述の不思議な気持ちについて考えてみると、どこか懐かしく、くすぐったい様な感覚がある様に思えた。 それは、子どもの頃、見知らぬ他の子と遊んでいる間に、いつの間にか仲良くなっている感覚に近く、人が元々持っている、繋がる力や繋がることへの歓びが自分の中で不思議な感覚を引き起こしていた様に思う。 この事を今後の生活にどう繋げていくかということもあるが、ひとまずはそこに気づくことが出来たことが大きな収穫だと思う。(K.H./男性)

次回が既に待ち遠しいです‼︎
1回目を終えた今、あっという間に過ぎた三日間だと感じています。
それぞれのカリキュラムが密度の濃い内容で、人とのコミュニケーションについてあらためて学ぶことができたように思います。
それと同時に、私って今までどんなコミュニケーションをとってきたかな…と振り返りながら確認作業をしている感じです。
どうしても今まで握りしめてきた価値観が邪魔したり、自分自身で作り上げてきた世界観によって見えにくくしていたものが、6期生のみんなと同じテーマで話し合うことで、理解しあい共感する、そして深く気づくきっかけをもらえたように思います。
実際に動いているおふくろ弁当や鈴鹿ファームの見学では、携わる人が満たされている事ができる社会作りが出来るんだ!という事を感じさせてもらい安心しました。
辻さんのお話にもあったように、今まである社会の仕組みの上にストーリーを作るのではなくて、新しいストーリーを作る意識がこれからますますコミュニティ作りには大切だなと思いました。(平沢美奈子/女性)

持続可能な社会はRegenelativeである結果にすぎない。 フィクションに縛られているのなら、そのフィクションを変えればいい。 日常生活で引っかかったり、悩んだりしていることって実は些細なことなんじゃないかと思った。最初はフッと感じた小さなことでも、それが何度も起こったり、勝手なイメージがついたりして、雪だるま式に大きくなっていく。でも、そのことをみんなにシェアして返ってきた言葉を聞いて、「あ、そうかも。」と別の視点をもてたとき、大きくなっていた悩みが最初の状態に戻ったような気がした。私に付いていた「~ねばならない」がポロっと落ちて、とても軽くなった。自分の中だけでは気づけてなかったと思う。(加藤栞/女性)

全文はこちらをどうぞ